外壁を直す他、部屋を一つ増設する事に

実家をリフォームした時の話です。
地元の工務店に依頼して、外壁を直す他、部屋を一つ増設する事になりました。

外壁の工事自体は、窓を覆ってしまうので音は気になるものの、大工さん達の視線などは全然気にせずに済んだのですが、増設工事の時はそうはいきませんでした。
家の中にも大工さんが入って来るし、繋ぎ目になるドアの部分が開けっ放しだと工事中の会話が丸聞こえで、正直、工事期間中は家では全く寛ぐ事が出来ませんでした。

発注しているのが自分達という事もあり、親もかなり我慢をしていたみたいなのですが、ある日、外で使っている工具をそのまま家の中に持ち込み、増設する部屋の手前の部屋(母の寝室)に置きっぱなしにしていたのを見て、ついに我慢の限界になり、大元の工務店に電話を入れる自体となりました。
すぐに担当者が来て、現場の大工さんに色々注意していましたが、工事が終わるまで何となく後味が悪かったのをよく覚えています。

部屋の仕上がりはとても綺麗だったので、そこだけが残念な結果となってしまいました。

引っ越し価格見積もり時の注意点

引越し単身画像

引っ越しをした際に、引っ越し業者比較サイトを利用し、その中から5社、見積もりに来てもらいました。
比較サイトに登録すると、すぐに先方から連絡が入り、無料見積もり日の日時を決定します。

こちらとしては、各業者から値段を聞いたうえで、一番安く、サービスのいい業者を選びたいところです。
しかし、業者側としては、お客さんを他社に取られぬよう、即決してもらいたいと思っています。

各業者から、今この場で決めてもらうなら、●万円更に値引きします。
という言葉を頂きました。

しかし、この言葉には要注意です。
引っ越し初心者だった私は、1社目の担当者から、即決断してくれるなら、10万円値引きします、と言われ、心が揺らぎました。

しかしその会社、全国的にも知名度が低く、同日中にもう2社の見積もりを取る予定だったので、即決しませんでした。
結果、あとから見積もりをとった業者の正規価格のほうが、1社目の10万円オフの値段よりも安かったのです。

一人で引越しした時に感じことは相場を知ることって大事だなと思ったんです。
紹介サイト~引越し単身の相場を知ること
ここで調べてみると良いでしょう。

業者は顧客の経験値をよくみています。
強気に出て、安い価格を引き出しましょう。

私の大学3年生の時の引越し体験について

ダンボール女性

私は大学3年生の時に人生で2度目となる引越しをしました。
当時埼玉県の実家から東京都練馬区に引越しをして家賃の安い木造アパートに暮らしながら大学生活を送っていたのですが、大学3年生になり就職活動が始まった事で都心の会社に近い自宅マンションを借りる事になり、練馬区から文京区に引越しをする事になったのでした。

最初の大学の新入学時の引越しは埼玉県の実家から都内練馬区への引越し作業は赤い軽トラックで有名な運送会社に引越しを依頼しましたが、大学3年生の時の練馬区から文京区への引越しは全て自分で手配したライトバンのレンタカーに荷物を積んで行いました。
引越し当時は私の大学の友人とアルバイト先の友人合わせて4人に引越し作業と車の運転をお願いし、引越し作業は搬出が2時間、搬入は1時間、練馬区から文京区までの道のりが車で40分程で全ての作業を終える事が出来ました。

そしてその日引越しを手伝ってくれた4人にそれぞれ日当を5千円ずつ渡してレンタカー代を支払ったのですが、有名大手の引越し会社の単身パックよりも高くついてしまった事を記憶しています。